「ひろしま社会起業支援サミット2010」
を開催しました!

・日時:2010年6月27日(日)
・場所:広島経済大学 立町キャンパス
 (市電「立町」からすぐ)

・参加費:無料

 当日の様子等がわかる「事業報告書」はこちらから!
hiroshimasocialsummit2010_report.pdf

2015年10月05日

そもそもイノベーションってなに? −1−




 今回からは、社会起業の「革新性」について、
 
 「そもそも『イノベーション』ってなに?」

 そんな観点で、しばらくみていくことにします。

 そうした土台の上で、はじめて、
 「ソーシャルイノベーション」という考え方も、
 一層腹に落ちるとらえ方ができるのではないか。
 そう思うのです。


 「イノベーション」については、
 ネットでもいろんなことが書かれてますが、

 それをさらっと見て、
 わかったつもりにならないで、

 いくつかイノベーション本でも読みながら、
 個人的に腹に落ちるレベルまで、
 じっくりと考えていきたい。


 と思って、Amazonをのぞいてみると……

 うわっ、イノベーション関連本、多すぎ!

 Amazonで「イノベーション」で検索すると、
 ヒット数が5,245件!(2015年9月20日時点)

 いくら何でも、5,245冊も本読めないよ!


 これではらちがあかないので、
 とりあえず、以下の3つの観点で、
 本を絞ることにしました。

(1)言い出しっぺの本は外せない
(2)古典といえるイノベーション本
(3)タイトルが親切


 この観点で絞り込んだ、
 3つの書籍がコチラ!

・シュンペーター『経済発展の理論(上)』
 http://amzn.to/1iU0FRr

・ドラッカー『イノベーションと企業家精神』
 http://amzn.to/1LBO8sD
 
・池田信夫『イノベーションとは何か』
 http://amzn.to/1iBkWeA

 言い出しっぺのシュンペーターと、
 おそらく古典的だろうドラッカーまではよかったんですが、

 意外と、「イノベーションとは何か」的な、
 直球タイトルって、少ないんですよね。

 「イノベーション とは」「イノベーション 何」
 これで検索しても、
 直球なタイトルはなかなか見つからない。

 まぁ、「イノベーション 入門」で検索すると、
 いくつかあったのですが、
 最終的に中古本の値段差で決めました。

 

 「イノベーションの最終回答」という本もあって、
 
 「これ見ればもうオッケーかな? なんてったって最終回答だし」
 とも一瞬思いましたが、

 よくみると、
 イノベーションのジレンマ関連本だったので、
 ちょっと違うかな、と思ってやめました。


 ちなみに、ここまで書くと、

 「イノベーションのジレンマはどうしたぁ!」

 という声が聞こえてきそうですね。

 とりあえず、上記の3冊を読んだ後で、
 補足的に、

・イノベーションのジレンマ
・オープンイノベーション
・リバースイノベーション

 これらについて、関連本を読んでおくことにしたい。

 まぁ、イノベーションのジレンマとなると、
 それだけで関連本の数が250冊もあるけど…
 (2015年9月20日時点調べ)
 

───────────────────────────────────
<PR>

○『知識ゼロからのイノベーション入門』

 「てっとり早くイノベーションの基礎を知りたい!」という人は、
 こちらなんかどうでしょうか。

 http://amzn.to/1iBlsct
 

───────────────────────────────────



※この記事は、P-SONICのHP記事より転載しております。
http://www.psonic.org
posted by ccc_summit_hiroshima at 08:28| Comment(0) | 社会起業トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。