「ひろしま社会起業支援サミット2010」
を開催しました!

・日時:2010年6月27日(日)
・場所:広島経済大学 立町キャンパス
 (市電「立町」からすぐ)

・参加費:無料

 当日の様子等がわかる「事業報告書」はこちらから!
hiroshimasocialsummit2010_report.pdf

2015年03月24日

クラウドファンディングには初期投資する覚悟が不可欠




以前紹介した「ためまっぷプロジェクト」

クラウドファンディングサイト「READYFOR?」での
クラウドファンディングにて、
見事、130万円もの寄付を集めることに成功しました。

tamemap1

https://readyfor.jp/projects/tamemap/

 

「クラウドファンディング成功の秘訣は何か?」

そのヒントを探るコーナー。

今回は、インタビューの内容を元に、
クラウドファンディング成功の秘訣を分析していきます。

インタビューの内容から、
個人的にポイントをまとめてみると、
以下の3つになろうかと考えています。

1.「130万円の資金調達の経費が300万円」をどうとらえるか
2.「3:4:3」の法則
3.協働のための「7つの習慣」の観点から


○初期投資する覚悟と備えがないと成功しないのは、
クラウドファンディングも起業も同じ



まず考えたいのは、第一の観点

「『130万円の資金調達の経費が300万円』を
 どうとらえるか」

ともすると、次のように考えてしまいそうに、
なりませんか?

・要するに、約170万円の赤字だから、
 資金調達できたとしても、意味がないのでは?

・クラウドファンディングなんかせずに、
 130万円自費でポンと出した方が、
 安上がりで済んだのでは?


このことを考える上においては、
さらに3つの観点を踏まえるのがよいかと。

1-1.クラウドファンディングは「起業でいう初期投資」
1-2.お金を得るにはお金を必要とする
1-3.「足で稼ぐ」費用を最小化できる地政学的ポイント


クラウドファンディングは、
NPOがやるにせよ、個人や少人数でやるにせよ、
基本、「スタートアップ」のタイミングで、
行われることが多いですね。

個人や少人数でやるクラウドファンディングは、
たいてい

・モノをつくろうとしているので、資金を集めたい

といったカテゴリーですよね。

 そして、「スタートアップ」である以上、
 基本、現物は存在しない(あって試作品)。

 いわば、夢とか想いとかビジョンとかを、
 形にするために行う。

これは、通常の起業でも、
全く変わりません。

一般的に、起業の際に必要なのは、
「会社設立時にかかる資金」と「初期の運転資金」になります。

”起業時に必要な2種類の資金"
http://www.kigyo-to-go.jp/howmuch01.html


「会社設立時にかかる資金」というのは、

会社設立費、オフィス賃貸の初期費用、
オフィス家具の購入費(リース含む)、
OA機器や事務用品の購入費 など


「初期の運転資金」は、

人件費やオフィスの賃料、
電話代やインターネット料金等の通信費、
広告宣伝費やHP運用費や交際費等の営業経費、

その他には、仕入れや借入の返済、
専門家に仕事を依頼していれば顧問費、
コンサルティング費 など。


ためまっぷプロジェクトの場合、
話を聞く限りにおいて、
ほとんど営業経費(交通費)という印象を受けます。

 いわば、起業の前段階において、
 見込み客集めと、商品のヒアリング&フィードバックに、
 相当額投資した、という形だといえます。

清水代表の場合、
起業スタートアップに携わった経歴もあるため、
そのあたりの初期投資の必要性も、
十分理解されているといえるでしょう。


○「お金を得るにはお金を必要とする」という事実から
目を背けてはいけない



続いて押さえておかないといけないのは、

 「お金を得るにはお金を必要とする」という、冷徹な事実。

「何か革新的(と自分で思っている)な、
ビジョンなり商品なりを発表しさえすれば、
どこからともなく、お金が集まってくる。」

「社会的課題について、
切実に訴えれば、
どこからともなく、お金が集まってくる。」


な〜んてわけは、ないですよね。

結局、まずは自己資金で広告、営業を行わないと、
何もはじまらない。

起業の場合だと、当たり前すぎるこの事実も、
なぜか「いいこと」の場合だと、
みんな、この事実を忘れてしまう。

「自分たちがやっていることは社会のためになることだから、
なにも言わなくても、みんな支援するのが当たり前。」

「あなたのやっていることは社会のためになることだから、
ボランティアで(中抜きせずに)やるのが当たり前。」

 そんな勘違いをしている人が、
 まだまだ多いように思えます。

なんででしょうかね?


○「足で稼ぐ」費用を最小化できる地政学的ポイント2点


最後に、

「足で稼ぐ」費用を最小化できる地政学的ポイントについて。

これは、完全に余談です。

ためまっぷ・清水代表の場合、
実際のところ、広島にはそこまで人脈がなかった上に、
これまでの人脈が、千葉や埼玉にあり、

「足で稼ぐ」と、
交通費がどうしてもかさんでしまう。

そう考えると、
「足で稼ぐ」費用を最小化できる地政学的ポイントは、
次の2点にあることがわかります。

A.生まれも育ちも地元で、人脈が地元に集中
B.地元が東京近辺だとなおよい


Aは、ためまっぷ・清水代表の事例をみれば、
うなずけるかと思われます。

Bについては、
たとえば大企業にスポンサーをお願いするとなったら、
たいていの大企業は東京に本社、
または主要オフィスがある。

大企業関係者を地元に呼びつけるなんて、
できるわけがない以上、
自分が、東京に行ってプレゼンするしかない。

そうでなくても、大都会には、
ヒトもモノもカネも情報も、
一極集中している以上、

そこにアクセスする方が、
効率がいい、というのは間違いない。

まぁ、これは、

「ないものねだり」という側面もありますが、

それ以上に、あまり好かれない
考え方ではあるでしょうね。

「都会から地方へ」的な風潮が、
NPO業界には確実にあるので、

そうした風潮からしたら、
これは不都合な真実には違いない。
逆を言えば、

「生まれ育った都会から、
地方にIターンして起業」

というのは、
それだけ茨の道であることは、
間違いないですね。

次回は、第二の観点である、
「3:4:3」の法則についてふれます。



※この記事は、P-SONICのHP記事より転載しております。
http://www.psonic.org
posted by ccc_summit_hiroshima at 11:37| Comment(0) | 社会起業トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。