「ひろしま社会起業支援サミット2010」
を開催しました!

・日時:2010年6月27日(日)
・場所:広島経済大学 立町キャンパス
 (市電「立町」からすぐ)

・参加費:無料

 当日の様子等がわかる「事業報告書」はこちらから!
hiroshimasocialsummit2010_report.pdf

2015年01月28日

「ためまっぷプロジェクト」にみるシェア型セーフティネット事例



佐々木俊尚氏の『自分でつくるセーフティネット(以下、資料)』をベースに、
「みんなが社会起業家」を考え直すシリーズ。




今回は、
今後「みんなが社会起業家」を考える上で、
具体的な事例となりうるプロジェクトを紹介します。

そのプロジェクトとは……

「ためまっぷプロジェクト」

広島発のプロジェクトです。
とはいえ、現在はまだ、
プロジェクトのスタートアップ中。

2015年1月現在、
クラウドファンディングサイト「READYFOR」で、
資金調達中です。

https://readyfor.jp/projects/tamemap/

目標額130万円に対して、
1/28時点で93万8,000円。

あと、だいたい35万!(アバウトやね)

〆切は、2/13(金)11時!

関心のある方は、
ぜひとも応援してあげてください!

私も、微力ながら、
一番安い3,000円の応援を実施しました。


○「ためまっぷプロジェクト」とは?


「ためまっぷプロジェクト」の概略を紹介すると、

地域活動を5秒でキャッチ。
自分も発信。
スマホでやさしい生活を。

総人口の1/3を占める高齢者が
もっと社会貢献で活躍できたり、
生活圏の活動が見れる、
参加できる社会を作る。


https://www.facebook.com/tamemap/info

これだと、わかるような、
わからないような紹介ですかね。

具体的には…

content_dcdfd41cb6e96e78736deb5f5add6f6311da8e80-.jpg

・地図情報と地域活動を連携させたスマホアプリ
・地図には、地域活動タグが表示
・半径5キロ、2キロ、500mと絞り込みを可能にして、
 地域活動の情報を無料で簡単に発信・キャッチできる
・載せる人は、文字入力が不要で、
 活動内容が記載された『紙のチラシ』の写真を撮って、
 ボタンをいくつか押すだけにする
・見る人は、会員登録不要、歩きや車で約10分の範囲で、
 今日、今から参加できる地域活動の
 情報のチラシの一覧を、タグで絞って見ることができる

ま、googleマップに、
 地域イベントのピンがついてるアプリだと、
 イメージしていただければよいかと。

地域活動を行う主体として、
高齢者を想定し、
文字入力の手間を省いて、
これまでのチラシ感覚の延長で告知ができる。

地域活動を「見える化」した、
地域活動プラットフォームともいえます。


○「ためまっぷプロジェクト」でつくるセーフティネット


資料でこれまで考えてきた内容をベースに、
「ためまっぷプロジェクト」のポイントについて、
まとめてみると…

(1)「弱いつながり」による地域生活圏の再構築
(2)地域住民という「身近な、見知らぬ他人」を信頼する
(3)簡単に「善い人」になれる
(4)自分と地域との立ち位置を掴み直す

といった点になろうかと。
これまで、地域のつながりは「ムラ」であり、
強いつながりでしたが、
それは既に崩壊している。

しかし、ソーシャルなつながりは、
地域生活圏とは、あまり関係がない。

「ためまっぷプロジェクト」では、
「弱いつながり」をベースとして、
そこから、新しい形の地域生活圏を再構築しようとしている。

このプロジェクトが進めば、たとえば…

・高齢者によるベビーシッター、簡易小規模保育の推進

親たちは「ためまっぷプロジェクト」で、
そうした情報を知ることができる。

また、こうした情報が「見える化」されていれば、
簡易小規模保育のスキルといった支援も、
また容易になる

・各種相談窓口が「見える化」されれば、
 孤立を減少させることができる

…もちろん、事はそんなに簡単にはいきませんが、
可能性が広がることは、間違いないですよね。

ムラ社会が崩壊しているということは、
これまで排除が容易だった「見知らぬ他人」が、
排除が難しくなっている。

ご近所や地域の人すべてが「見知らぬ他人」。
それをすべて排除していては、
自分が孤立するだけ。

しかし、現状では、
そんな「見知らぬ他人」を信頼するきっかけがない。

「ためまっぷプロジェクト」で、
多くの人が、自分ができる何かを積極的に発信すれば、
「見知らぬ他人」が見える化して、
互いを信頼するきっかけが生まれる。

そして、これまでは、

 「自分ができる何かを積極的に発信」しても、
 ほとんど人の目にとまらない。

公民館とかにチラシを置いても、
山積みされるだけ。

新聞広告を出す金もなく、
ネット広告だと、あまりに広がりすぎる可能性もある。
第一、そんなスキルもカネもない。

「ためまっぷプロジェクト」が進めば、
多くの人が、実は、
生活圏内では「善い人」である側面をもっていることが、
見える化されるようになる。

情報発信もたやすいので、
積極的に多くの人が善い人になれる。

ムラを中心とした強いつながりが切れると、
自分と社会との立ち位置が切れる。

その結果、他人を呪うことで
社会との立ち位置を作ったり、

誰からも非難されないピュアな立場に立って、
他人を断罪することで、
社会との立ち位置を作ろうとする。

結局、「自分が社会に、他の人に役立っている」
そんな実感がないと、
自分の立ち位置は見えてこない。

 「ためまっぷプロジェクト」を通して、
 自分の地域との新たな立ち位置を、
 つかみ直すことができるかもしれない。

 もちろん、「ためまっぷプロジェクト」が、
 プロジェクトとして成功するかどうかは、
 色々と課題があります。

・そもそも「ためまっぷプロジェクト」を
 どう多くの人に知ってもらうのか?

知ってもらわないと活用されないので。

・「ためまっぷプロジェクト」で記載された
 地域イベントに問題があったら、
 どう責任をとるのか?

個人的には、
それはイベント主催者が責任を持つべきで、
ためまっぷプロジェクトがどうこうという話でも、
ないとは思います。

ただ、絶対に、
その手の難癖をつけてくる人はいます。

ま、あとは、
結局ヒト・モノ・カネの問題に、
収斂していきます。

ただ、できない理由を挙げ続けるのも、
やっぱり生産的ではない。

では、それをどう解決していくのか?

個人的には、

できない理由の解決策までも、
共に考え、解決に向けて行動していく、
そんなコミュニティが、

「ためまっぷプロジェクト」のまわりにも、
できていって欲しいと思うのです。

成功している団体、プロジェクトには、
そういったコミュニティが、
リーダーを中心としてできていますので。


○一般的なシェアサービスプラットフォーム事例


ここまで、「自分でつくるセーフティネット」の、
プラットフォームとして、

「ためまっぷプロジェクト」を紹介しました。
この手のシェアサービスプラットフォーム事例として
多かったりするのは、

自分の家を宿屋として貸すAirbnbとか。
https://www.airbnb.jp/

車の相乗りサービスのUberやLyftとか。

・Uber
https://www.uber.com/ja/cities/tokyo

・Lyft体験記およびUberとLyftの違い
http://www.evtechwatch.com/2014/04/uberlyft.html

このへんは有名ですよね。
資料でも、紹介されていましたし。

ただ、広島在住の私としては、

日本初、というより広島発の、
「ためまっぷプロジェクト」を、
「自分でつくるセーフティネット」の事例として、
積極的に紹介したい次第。


○最後にもう一度


2015年1月現在、

「ためまっぷプロジェクト」では、
READYFORでクラウドファンディングをやっています。

https://readyfor.jp/projects/tamemap/

目標額130万円に対して、
1/28時点で93万8,000円。

あと、だいたい35万!(アバウトやね)

〆切は、2/13(金)11時!

関心のある方は、
ぜひとも応援してあげてください!

私も、微力ながら、
一番安い3,000円の応援を実施しました。




※この記事は、P-SONICのHP記事より転載しております。
http://www.psonic.org
posted by ccc_summit_hiroshima at 13:09| Comment(0) | 社会起業トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。