「ひろしま社会起業支援サミット2010」
を開催しました!

・日時:2010年6月27日(日)
・場所:広島経済大学 立町キャンパス
 (市電「立町」からすぐ)

・参加費:無料

 当日の様子等がわかる「事業報告書」はこちらから!
hiroshimasocialsummit2010_report.pdf

2014年11月26日

P-SONIC主催講座「NPOのための統計学講座」参加者募集(12/13)



P-SONICの森です。

今回は、P-SONIC主催講座のごあんないです♪
名付けて「NPOのための統計学講座」

まず、講座の日時、場所は以下の通り。

--------------------------------------------------------------
・開催日時:2014年12月13日(土) 13時〜16時
・開催場所:

広島市まちづくり市民交流プラザ
北棟5階・研修室B
(広島市中区袋町6番36号)

・参加費:1,000円
・定員:40名
・申込〆切:12月10日(水) ※先着順です
・詳細:http://www.psonic.org/archive_event/20141119/

--------------------------------------------------------------

講座の内容などについては、
Q&A方式で紹介します。

Q.「NPOのための統計学講座」とはどんな講座なのですか?

A.「NPOにこそ統計学の知見、統計データの活用が重要」

そうした観点から、
ここ最近でのNPOの白書ブームや、
統計データの集め方、
自ら社会調査を行うための方法論、
加えて統計データの解析、活用法を学びます。

Q.「NPOの白書ブーム」って、そんなブーム知りませんが。

A.「ブーム」というのは言い過ぎですが、

ここ数年、少しでも社会に影響を与えようとするNPOは、
白書(というかエビデンスベースドな調書)を、
出している傾向にあります。

2014年で書籍化もされて話題になったのは、
『無業社会』でしょう。
これも、もとは『若年無業者白書』です。

http://goo.gl/wodA3m

Q.「エビデンス」ってなんですか? 海老でんすか?

A.エビデンスは、証拠・根拠、証言、形跡などを意味する、

英単語 "evidence" に由来する、外来の日本語です。

NPOの場合、政策提言もその役割の一つですが、

「思いつきやイデオロギーに依らない、
根拠ベースの政策提言」

が求められるということで、
「エビデンスベースド・ポリシー」が必要、
といった使い方がなされることがあります。

なお、海老はいっさい関係ありません。

Q.統計学講座ということは、Σとかχ二乗検定とか、
  その他頭の痛くなる数式が出てくるのですか?

A.数式は一切用いません。

今回の講座では、統計データの集め方と、
社会調査の方法論に重きを置き、

統計データの解析については、
平均、中央値、標準偏差、
ヒストグラム、単回帰分析といったものにとどめ、

しかも、それらは「エクセルでどう求めるか」を、
紹介する予定です。

その点では、統計学を一通り学んだ人にとっては、
非常に物足りない講座ではあると思います。
そうした人には、全くおススメできない講座です。

というより、講師も統計学の専門家じゃないので、
あしからず。

※ちなみに、Σは「シグマ」と読みます。
 χ二乗検定は「カイ二乗検定」と読みます。

Q.そもそも、なぜNPOが統計学を学ばないといけないのですか?

A.個人的には、3つの観点から、

NPOも統計学を学ばないといけないと思います。

1.NPO関係者の「情熱、イデオロギーベースの活動」を、
  補強、あるいは是正するため

2.「それ、根拠あんの?」と言わせないため

3.団体の信頼性向上


まず、NPO関係者は、
基本、情熱、あるいはイデオロギーを原動力として、
活動しています。

ただ、往々にして、
それだと現実、とりわけ企業人とかみ合わない。

その点で、自分の情熱が単なる思い込みではなく、
統計的に見ても有意であると、
言い切れることが必要になります。

(理想的には、統計データと自分の情熱が一致しない場合、
情熱にかられた活動を見直せればいいのですが、
それは難しいだろうと、個人的には思っています)

で、情熱を原動力にすると、
ほかの人にも、情熱を理解することを求めがち。

「なんで、社会的弱者の気持ちがわからないのか!」的な。

でも、データがなければ、

「で、それ、根拠あんの?」で終わり。
涙ながらに、ただ思いだけぶつけられても、
ロジックが支離滅裂だと、ウザいだけともいえる。

データに基づいた活動、あるいは政策提言を行う、
そんな団体であれば、
一定の支持を集めることも可能になります。

とりわけ、力のある有識者レベルであればあるほど、
エビデンスベースの活動は支持してくれることが多いので、
そうした層を味方につけやすくなります。

ま、統計学を学んだからと言って、
あるいは、白書を刊行したからと言って、

団体の寄付金が倍増したり、
会員が倍増する、ということは、
期待しないほうがいいですが。

Q.NPOが統計を重視するってのは、単なる数字信仰ではないですか?
  NPOは、データでない「一人ひとり」と
  向き合うべきではないですか?

A.講座では、定性データを集める社会調査も取り上げます。

ただ、世のビジネスマンは、
基本数字信仰ですので、

「それは人間らしさがないのではないか」

とか言っても、しゃあないのでは?
というのが、個人的立場です。

数字が絶対とか、数字はウソをつかないとか、
私は全然思いません。

というより、数字を操る人は、たいてい、
故意、偶然問わず嘘つきですが、
その嘘と上手につきあうためにも、
統計的知見は必要だと思っています。
ま、これは、

「社会を変える」のと「社会的弱者に寄り添う」のと、
 どのようにバランスをとっていくかの問題ですね。

「社会的弱者に寄り添う」場合、
定量的に数字を語るのは厳禁といえますが、

「社会を変える」場合、
定量データなしに思いを語るのは厳禁ですね。

…そんなわけで、皆さまのご参加を、
心よりお待ちしております♪

最後にもう一度、
講座の日時、場所について。

--------------------------------------------------------------

・開催日時:2014年12月13日(土) 13時〜16時
・開催場所:

広島市まちづくり市民交流プラザ
北棟5階・研修室B
(広島市中区袋町6番36号)

・参加費:1,000円
・定員:40名
・申込〆切:12月10日(水) ※先着順です
・詳細:http://www.psonic.org/archive_event/20141119/

--------------------------------------------------------------



※この記事は、P-SONICのHP記事より転載しております。
http://www.psonic.org
posted by ccc_summit_hiroshima at 11:49| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。