「ひろしま社会起業支援サミット2010」
を開催しました!

・日時:2010年6月27日(日)
・場所:広島経済大学 立町キャンパス
 (市電「立町」からすぐ)

・参加費:無料

 当日の様子等がわかる「事業報告書」はこちらから!
hiroshimasocialsummit2010_report.pdf

2014年07月09日

名作選・CSV(共有価値の創造)




過去記事の名作選(迷作選?)シリーズ。
(要は、過去記事を題材別にまとめたリンク集)

今回は、CSVシリーズの、
記事リンク集です。


○CSV概論


"現代版三方よし・CSV論 -1-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no44/

なんだかんだでCSRはいろいろと手垢がついている、
そんなお話です。

「CSVなんてCSRに含まれている」という意見は、
根強いのですが、

新しい用語を作ってイメージ一新したいという、
ポーターの気持ちも、個人的には理解できます。


"現代版三方よし・CSV論 -2-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no45/

共有価値のコアにあるのは、

「儲けるために地域や社会の改善、発展に取り組む」
「コスト度外視の便益は成功でもなんでもない」

そんなお話です。


"現代版三方よし・CSV論 -3-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no46/

「外部性をコストではなくイノベーションのチャンスに」
「経済的価値と社会的価値を全体的に拡大」

そんなお話です。


"現代版三方よし・CSV論 -4-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no47/

CSVのための戦略として、

(1)製品と市場を見直す
(2)バリューチェーンの生産性を再定義する
(3)企業が拠点を置く地域を支援する産業クラスターをつくる


○製品と市場を見直す


"現代版三方よし・CSV論 -5-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no48/

要は、社会的ニーズに応えることで、
企業も儲けられる、というお話。


○バリューチェーンの生産性を再定義


"現代版三方よし・CSV論 -6-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no49/

ロジスティックス、資源の有効活用、
ロケーションのあり方を変えることで、
CSVを達成することができる、というお話。


"現代版三方よし・CSV論 -7-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no50/

流通、従業員の生産性、
調達のあり方を変えることで、
CSVを達成することができる、というお話。


○産業クラスターをつくる


"現代版三方よし・CSV論 -8-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no51/

地域クラスターをつくる上で、
不備となっている部分を洗い出し、
地域や行政等で連携していくことで、
企業の利益を最大化できる、というお話


○CSVの前提条件


"現代版三方よし・CSV論 -9-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no52/

CSVも、当たり前ながら法的責任は前提です。
あとは、自社事業と密接に関連しているかも重要です。
加えて、評価基準の明確化も欠かせません。


"現代版三方よし・CSV論 -10-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no53/

イノベーションを生み出しうる適切な規制について、
具体例を交えて記載しています。


"現代版三方よし・CSV論 -11-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no54/

CSRとCSVの比較を整理した上で、
CSVを担う人材が少ないことが課題だと指摘しています。


○CSVの問題点


"CSVの疑問及び今後の課題 -1-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no55/

CSV対象の企業って、グローバル企業なの?
そんな疑問点を考えています。


"CSVの疑問及び今後の課題 -2-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no56/

企業とNPO、社会起業家との連携は甘くない。
その具体的な課題について考えています。


"CSVの疑問及び今後の課題 -3-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no57/

「輸送コストと現地生産、どちらが安い?」

この問題に、CO2コスト、ガソリンコスト、
雇用、教育のコストから考えています。


"CSVの疑問及び今後の課題 -4-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no58/

消費者が品質よりも安さを重視した場合、
CSVはそれに対応できるのか?


"CSVの疑問及び今後の課題 -5-"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no59/

グローバリゼーションとのからみで、
CSVと雇用との関連を考えています。


○まとめ


"CSVまとめ−「持続可能な資本主義」とその他対案−"
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/no60/

資本主義の欠陥を認識した上で、
それにどう取り組みうるのか。

CSVは果たして、
持続可能な資本主義を維持する一員となりえるのか?




※この記事は、P-SONICのHP記事より転載しております。
http://www.psonic.org
posted by ccc_summit_hiroshima at 13:25| Comment(0) | 社会起業トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。