「ひろしま社会起業支援サミット2010」
を開催しました!

・日時:2010年6月27日(日)
・場所:広島経済大学 立町キャンパス
 (市電「立町」からすぐ)

・参加費:無料

 当日の様子等がわかる「事業報告書」はこちらから!
hiroshimasocialsummit2010_report.pdf

2015年10月08日

そもそもイノベーションってなに? −2−




「そもそも『イノベーション』ってなに?」を考えるシリーズ。

今回からしばらく、
イノベーションの言いだしっぺであるシュンペーターについて、
ふれていくことにします。


○シュンペーターは「新結合の5つの場合」について、
1ページしか書いてない



そんなわけで、まずは、

シュンペーター『経済発展の理論(上)』から、
イノベーションについて考えてみたい。

http://amzn.to/1iU0FRr

(岩波の『経済発展の理論(上)』では、
シュムペーターとなってますが、
以後、シュンペーターで通すことにします)

で、岩波本では、
イノベーションは「新結合」と訳されていて、

「イノベーション=技術革新、じゃないんだよ」

というお話のネタで、よく使われます。

そんな「新結合」ですが、
シュンペーターは、次の5つを挙げてます。
(『経済発展の理論(上)』P183より)

<新結合の5つの場合>

(1)新しい財貨

「すなわち消費者の間でまだ知られていない財貨、
あるいは新しい品質の財貨」

※ここでの「財貨」は「商品」と置き換えた方が、
しっくり来ると思います。

(2)新しい生産方式

「実質上未知な生産方式の導入」
「これはけっして科学的に新しい発見に基づく必要はなく
また商品の商業的取扱いに関する新しい方法をも含んでいる」

(3)新しい販路の開拓

「従来参加していなかった市場の開拓」
「ただしこの市場が既存のものであるかどうかは問わない」

(4)原料あるいは半製品の新しい供給源の獲得

「この供給源が既存のものであるか(中略)
あるいは始めて作り出されねばならないかは問わない」

(5)新しい組織の実現

「独占的地位(たとえばトラスト)の形成
あるいは独占の打破」


……これを並べ立てただけでも、
なかなか示唆に富む内容ですね。

シュンペーター的とらえ方で言えば、
技術とイノベーションがからむのは、

上記の定義の(1)しかない。

(2)は、

「科学的に新しい発見に基づく必要はなく」と、
わざわざ断りが入っています。

やっぱり、

「イノベーション=技術革新、じゃないんだよ」
となるわけです。
こんな、新結合の5つの場合ですが、
個人的にポイントなのは、

シュンペーターは、この5つの場合について、
これ以上、基本何も語ってない。

ふつう、この手の定義を語ったら、
事例を書くとか、補足説明をするとか、
やりそうなもんなのですが、

ホントに、この5つの場合について、
これ以上何も語ってないんです。

この5つの場合を述べた直後、

「ところでこのような新結合の遂行にともなう
諸現象にとって、…」

と、いきなり話が変わってる。

何だよ、「ところで」って!



○シュンペーターが新結合について、
本当に語りたかった2つの前提と3つの特色




新結合の5つの場合について、
ほんの1ページ(P183)しか、
語っていないシュンペーター。

じゃ、シュンペーターは、
新結合そのものについて、
1ページしか語ってないのか?

もちろん、そんなことはありません。

新結合に関連して語っているページは、
私がチェックした限り、

「第二章 経済発展の根本現象」の、
二と三の箇所にわたります。

ページで言えば、P180〜P248。
60ページ近く語ってることになります。

じゃあ、シュンペーターは、
新結合について、何を語りたかったのか?

個人的にポイントを抜き出すと、

それは以下の2つの前提と、
3つの特徴に分けることができます。

<新結合の2つの前提>

1.新結合は生産者主体
2.新結合で大事なのは「どう遂行するか」であり、
新結合を「どう発見、発明するか」ではない

<新結合の3つの特徴>

1.新結合とは旧結合の打破
2.新結合には銀行の役割が不可欠
3.新結合には遂行者としての「企業者」が不可欠

…次回以降、これらについて、
ふれていくことにします。




※この記事は、P-SONICのHP記事より転載しております。
http://www.psonic.org
posted by ccc_summit_hiroshima at 13:09| Comment(0) | 社会起業トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

そもそもイノベーションってなに? −1−




 今回からは、社会起業の「革新性」について、
 
 「そもそも『イノベーション』ってなに?」

 そんな観点で、しばらくみていくことにします。

 そうした土台の上で、はじめて、
 「ソーシャルイノベーション」という考え方も、
 一層腹に落ちるとらえ方ができるのではないか。
 そう思うのです。


 「イノベーション」については、
 ネットでもいろんなことが書かれてますが、

 それをさらっと見て、
 わかったつもりにならないで、

 いくつかイノベーション本でも読みながら、
 個人的に腹に落ちるレベルまで、
 じっくりと考えていきたい。


 と思って、Amazonをのぞいてみると……

 うわっ、イノベーション関連本、多すぎ!

 Amazonで「イノベーション」で検索すると、
 ヒット数が5,245件!(2015年9月20日時点)

 いくら何でも、5,245冊も本読めないよ!


 これではらちがあかないので、
 とりあえず、以下の3つの観点で、
 本を絞ることにしました。

(1)言い出しっぺの本は外せない
(2)古典といえるイノベーション本
(3)タイトルが親切


 この観点で絞り込んだ、
 3つの書籍がコチラ!

・シュンペーター『経済発展の理論(上)』
 http://amzn.to/1iU0FRr

・ドラッカー『イノベーションと企業家精神』
 http://amzn.to/1LBO8sD
 
・池田信夫『イノベーションとは何か』
 http://amzn.to/1iBkWeA

 言い出しっぺのシュンペーターと、
 おそらく古典的だろうドラッカーまではよかったんですが、

 意外と、「イノベーションとは何か」的な、
 直球タイトルって、少ないんですよね。

 「イノベーション とは」「イノベーション 何」
 これで検索しても、
 直球なタイトルはなかなか見つからない。

 まぁ、「イノベーション 入門」で検索すると、
 いくつかあったのですが、
 最終的に中古本の値段差で決めました。

 

 「イノベーションの最終回答」という本もあって、
 
 「これ見ればもうオッケーかな? なんてったって最終回答だし」
 とも一瞬思いましたが、

 よくみると、
 イノベーションのジレンマ関連本だったので、
 ちょっと違うかな、と思ってやめました。


 ちなみに、ここまで書くと、

 「イノベーションのジレンマはどうしたぁ!」

 という声が聞こえてきそうですね。

 とりあえず、上記の3冊を読んだ後で、
 補足的に、

・イノベーションのジレンマ
・オープンイノベーション
・リバースイノベーション

 これらについて、関連本を読んでおくことにしたい。

 まぁ、イノベーションのジレンマとなると、
 それだけで関連本の数が250冊もあるけど…
 (2015年9月20日時点調べ)
 

───────────────────────────────────
<PR>

○『知識ゼロからのイノベーション入門』

 「てっとり早くイノベーションの基礎を知りたい!」という人は、
 こちらなんかどうでしょうか。

 http://amzn.to/1iBlsct
 

───────────────────────────────────



※この記事は、P-SONICのHP記事より転載しております。
http://www.psonic.org
posted by ccc_summit_hiroshima at 08:28| Comment(0) | 社会起業トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。