「ひろしま社会起業支援サミット2010」
を開催しました!

・日時:2010年6月27日(日)
・場所:広島経済大学 立町キャンパス
 (市電「立町」からすぐ)

・参加費:無料

 当日の様子等がわかる「事業報告書」はこちらから!
hiroshimasocialsummit2010_report.pdf

2015年05月25日

「死亡前死因分析」とは?



今回は、

「クラウドファンディング成功の秘訣は何か?」について、

成功事例研究とは違ったアプローチで、
考えてみたいと思います。
そのアプローチとは……

「『なぜ、自分たちのクラウドファンディングは失敗したか』を、
 クラウドファンディングを始める前に考える」

間違えてはいけないのは、

「失敗しそうなのはどの部分か」を考えるのではなく、

「もうすでに、クラウドファンディングは失敗!
期日にお金は集まりませんでした!」

という前提の元に、

「なぜ、クラウドファンディングが失敗したか」について、
 始める前(キックオフミーティング時)に、
 皆で考えましょう、というアプローチです。

このアプローチのことを、
「死亡前死因分析」といいます。

「死亡前死因分析」について知ったのは、
『ファスト&スロー』を読んでたときなんですが、
正直、しびれましたね。

「やり方は簡単で、何か重要な決定に立ち至ったとき、
まだそれを正式に発表しないうちに、
その決定をよく知っている人たちに集まってもらう。

そして、

『いまが一年後だと想像してください。
 私たちは、さきほど決めた計画を実行しました。
 すると大失敗に終わりました。

 どんなふうに失敗したのか、
 5〜10分でその経過を簡単にまとめてください』

と頼む。」


ま、これは、カーネマンのアイデアではなく、
カーネマンの「敵対的な共同研究者」
ゲーリー・クラインが考え出した方法なんだそうですけど。

カーネマンも、

「クラインのこのアイデアには、たいていの人が感嘆する」

といってますが、
確かに感嘆もんですね。

 
○「死亡前死因分析」アプローチのいいところ
 

さっきから、「死亡前死因分析」について、
感嘆もんだと言ってるわけですが、

このアプローチの何がいいかというと、

(1)過度の楽観主義を是正できる
(2)集団浅慮を是正できる
(3)外部情報を取り入れやすくなる
(4)言霊信仰から脱却しやすい
(5)失敗にあらかじめ向き合うことで、不安から解消される

 

まぁ、楽観主義でいたほうが、
人生は楽しいとは思います。
それは間違いない。

そもそも、悲観主義者だったら、
よほどでもない限り、

クラウドファンディングとか起業とか、
そんなのを始めようなんて思わないでしょう。

楽観主義だと、失敗しても立ち直りが早いし。

それでも、いきすぎた楽観主義は、
失敗への道でもあるわけで、
多少是正できるのであれば、したほうがいいでしょう。

さて、一般的な起業家といった人たちは、
楽観主義が行動のベースなんだろうといえます。

ただ、NPO系の人たちは、
楽観主義というよりも、
一種の使命感がベースになっている。

だから、悲観主義者だけども、
使命感に押されて、プロジェクトを始めた。
そんな人もいそうなんですけどね。

ただ、やっぱり、
社会起業家たちの言動を観察すると、
楽観主義者な人が多いなぁと思います(いい意味で)。

これは、自分と周囲を鼓舞するために、
ある種意識して楽観主義を通しているのかな。
そんな風に思います。

 
しかし、意識して楽観主義を通そうとすると、
時に集団浅慮のワナにはまります。

集団浅慮(グループシンク)については、
Wikipediaにてよくまとまっています。

集団思考
http://goo.gl/5muAao

Wikipediaでは、
次にあげる先行条件があるとき、集団思考の兆候が現れ、
それが欠陥のある意思決定につながるとのこと。


<先行条件>

1.団結力のある集団が、
2.構造的な組織上の欠陥を抱え、
3.刺激の多い状況に置かれる


もちろん、団結力がなければ、
集団浅慮以前に、組織が分裂するので、
それ以前の話ではあります。

問題なのは、その先。

「構造的な組織上の欠陥」とは、

・メンバーに発言の機会を平等に与える公平なリーダーシップの欠如
・整然とした手続きを求める規範の欠如
・構成員の社会的背景とアイデンティティの均一性

が例に挙げられています。

NPOの場合、組織力がよほどしっかりしてないと、
全部満たしてると思いませんか?
「刺激の多い状況」とは、

・リーダーの意見よりもよい解決策が望めないような、
 集団外部からの強い脅威

が挙げられています。

わかりやすいのは、「カネがない!」とかでしょうかね?

こうした先行条件がそろっていると、
集団浅慮を犯しやすい。



・自分たちの集団に対する過大評価
・閉ざされた意識
・均一性への圧力


こうした結果、具体的に、
以下の欠点のある決定をしやすい。

1.代替案を充分に精査しない
2.目標を充分に精査しない
3.採用しようとしている選択肢の危険性を検討しない
4.いったん否定された代替案は再検討しない
5.情報をよく探さない、
6.手元にある情報の取捨選択に偏向がある
7.非常事態に対応する計画を策定できない

 

クラウドファンディングといった、
プロジェクトがいったん動いてしまうと、

この手の集団浅慮から抜け出すことは、
非常に難しい。

じゃあ、やる前から、

「なぜ失敗したのかを列挙する」方法をとれば、

様々な外部情報に対して、
耳を傾けやすくなる。

たとえば、クラウドファンディングの場合、
集団浅慮というか、イケイケモードになっていると、

「自分らの活動だったら、
外部から注目されて、外部資金が集まっちゃって、
それだけで目標達成できちゃうんじゃないか。」

そんな妄想を抱きがちですが、

「3:4:3の法則」といった外部情報も、
この時点で「死亡前死因分析」やれば、
まだ受け入れやすい。

その点も、「死亡前死因分析」の良い点ですね。
加えて、日本には「言霊信仰」が根強い。
要は、「言ったことがその通りになる」ってやつですよ。

これは、集団浅慮とのからみでもあるんですが、
プロジェクト中に、リスク要因を述べると、

 「そんなことをいうと、実際そうなってしまうじゃないか」

と批判され、
実際にそのリスクが起こると、

 「お前があのときあんなこと言うから、
  実際にリスクが発生したじゃないか!」

と叱咤されてしまう。

本来なら、リスク要因はきちんと明確にして、
それに対応するのがセオリーであり、
事前にリスクを指摘することは、
むしろ素晴らしいことなのに。

 

言霊信仰とのからみで、
「死亡前死因分析」をやるとなると、

「そんな後ろ向きな考え方だと、先に進めない……」
「やる前から、なんで失敗したかを考えるのは、
心が折れてしまう……」

といった批判も、十分あり得ます。

ただ、こうした批判の裏には、どこかで、

「失敗したらどうしよぅ……」

という、漠然とした不安がある。

不安が漠然としているから、
そこから目を背けるために、
不安を直視することを避けてしまう。
それに対して、

「死亡前死因分析」は、むしろ、
 漠然とした不安に向き合い、
 事前に不安要因を明確にする効果がある。

 

……次回は、「死亡前死因分析」の心構え、
およびそのプロセスを、みてみることにします。



※この記事は、P-SONICのHP記事より転載しております。
http://www.psonic.org
posted by ccc_summit_hiroshima at 20:36| Comment(0) | 社会起業トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。