「ひろしま社会起業支援サミット2010」
を開催しました!

・日時:2010年6月27日(日)
・場所:広島経済大学 立町キャンパス
 (市電「立町」からすぐ)

・参加費:無料

 当日の様子等がわかる「事業報告書」はこちらから!
hiroshimasocialsummit2010_report.pdf

2014年11月19日

「CSVの事例研究」について考える上での3つの視点



今回の「社会起業とは」トピックは、

「CSVの事例研究」について。

先月になりますが、P-SONICあてに、

「CSVの中小企業での事例ってありますか?」

と質問があったので。

(著名メルマガとかであれば、FAQコーナーが、
一つのコーナーになるほど、
毎回質問がたくさんあるのでしょうが、

P-SONICの場合、別にそんなに質問もないので、
あったらその都度取り上げることにしています)

結論から言えば、
CSVの中小企業での事例については、
私は寡聞にして知りません。

CSVの企業での事例については、
やっぱり大手企業が注目されがちです。

質問者には既に回答していますが、
CSVの企業での事例については、
こちらのリンクが参考になるかと。

・ポーター賞
http://www.porterprize.org/index.html

・最新海外CSV事例〜sharedvalueleadershipsummit2014〜
http://blog.members.co.jp/article/14073

・CSV(Creating Shared Value)事例! 日本企業CSV活動事例5選
http://andomitsunobu.net/?p=6303

・水上武彦のCSV経営論
http://www.cre-en.jp/mizukami-blog/?cat=10

特に、水上武彦氏のブログなどは、
CSVについて、多角的に記載していますので、
CSVに強い関心のある方は、
ぜひ目を通してみることをオススメします。
さて、私は私なりに、

「CSVの事例研究」というテーマについて、
少々斜め上から考えていくことにします。

(1)CSVか否かを判別する視点
(2)「NPOの活動はCSV」という理解でOK?
(3)「CSVの事例研究」って意味あるの?

○とりあえず「地産地消=CSV」でオッケーじゃね?


まず、CSVか否かを判別する視点ですが、
これは、ある意味難しくない。
ポーター先生のCSVの定義に、
沿っているかどうか、ですからねぇ。

ポーターのCSVについては、
以下を参照。

名作選・CSV(共有価値の創造)
http://www.psonic.org/archive_whatcbsb/selection3/

ま、CSVの定義について、
ざっと箇条書きすると……

(1)製品と市場を見直す

(2)バリューチェーンの生産性を再定義する

・ロジスティックス
・資源の有効活用
・ロケーション
・流通
・従業員の生産性
・調達のあり方を変える

(3)企業が拠点を置く地域を支援する
産業クラスターをつくる


実は、上記の定義に従えば、

「ウチの会社はCSVを実践している!」

と大手を振って言える、
簡単な指針があります。

それは、「信念を持って地産地消してる」

これを実践していれば、
その会社はCSV実践企業といえるでしょう。
あと、バリューチェーンについて、
もう少し違った観点から。

・資源の有効活用

これまで「ゴミ」としてきたものを、
有効活用する取り組み

・調達のあり方を変える

LGSR(自治体の社会的責任)とからめて、
優秀な企業から調達する取り組み。

ここでの「優秀な企業」ってのは、
女性や障がい者の雇用が多いとか、
そういった観点。

(これも、注意しないと、
「名ばかり女性管理職」とかだけ増えてしまう、
そんな可能性もありますけどね)

ちなみに、「従業員の生産性」については、
個人的には、個々の企業任せですむ問題とは、
あまり思っていません。

その点、個別の成功事例が
いくつか出ているだけでは、

「○○はうまくいっているのだから、
みんな○○を見習えばいい。
法律を変える必要はない」

とか、そんな議論に持っていかれがちなので、
その点は微妙ですね。

「製品と市場を見直す」のは、
CSV事例として定義するのは、
なかなか難しそうです。

あと、産業クラスターについては、
一企業でどうこうという話ではないですね。
これは完全に余談ですが、

ポーターの産業クラスターの話では、
教育についても触れています。

公的教育の質が悪いと、
生産性や再教育に関わるコストが発生する。


(中略)教育、取引所、教育機関などの
欠陥や不備を明らかにする必要がある


教育と産業クラスターの関わりを考えるときに、
今現在ホットな話題になっているのが、
大学のありかたですね。

そう、「G型大学とL型大学」論です。
http://goo.gl/AIuHW4

上記資料に基づけば、
シリコンバレーなんかは、間違いなく、
Gの世界での産業クラスターでしょう。

ただ、シリコンバレーが、
地域にあまねく存在する必要性なんて、
さらさらないように、

Lの世界を強固にする産業クラスターも、
 これまた必要でしょう。
 というか、そっちが主流になるべきと思う。

現在は、新卒一括採用で、
企業側は「生産性や再教育に関わるコスト」を、
多大な額で負担しています。

そうなると、L型大学論は、
地域の大学における、
「教育機関などの欠陥や不備」に対応した論とも、
いえてしまうのかもしれません。

まぁ、「G型大学とL型大学」構想が、
現実的に進むとは、
個人的にはとても思えませんが、

万一進んだとして、
L型大学を含んだ、新しい産業クラスターの事例も、
今後ちらほらと出てくるのでしょうかね。


○CSVの理念とNPOとの親和性


続いて、
「NPOの活動はCSV」であるかどうか

ポーターにしてみれば、
NPOは「CSV企業のパートナー」という位置づけ。

ま、ポーターにしてみれば、
CSVは企業の新しい事業戦略であって、
NPOについては、そんなに念頭に置いてない。

ただ、そうした点を除けば、
「NPOの活動はCSV」だと言っても、
差し支えはないかと。

先ほどGの世界とLの世界の話をしましたが、
CSV論は、Lの世界にマッチしやすい。

というより、
Gの世界とLの世界の話で言えば、CSV論は、

「G型企業がLの世界でいかに利益を最大化するか」

そんな戦略論としてとらえたほうが、
適切ではないかと、個人的には思っています。

で、基本、NPOの人間は、
Lの世界(ローカル経済圏)が大好き。

いかにLの世界で共創、共生するかを、
組織ミッションとして活動するNPO。

そんなNPOの活動が、
Lの世界にマッチしやすいCSVと、
一致しないはずがない。

ま、「従業員の生産性」でいえば、

「世界の平和、家庭の不和」なんて言葉が、
NPO業界ではありがちだったりするので、
その点でCSVとはほど遠かったりするかな?


○CSVの事例研究の果てに共通項は見いだせるか?


最後に考えたいのは、そもそも、

「CSVの事例研究」って意味あるの?

一般的に、起業でいえば、
成功事例よりも失敗事例のほうが、
大きな意味がある。

成功事例ってのは、
わりと特殊な要因であることが多かったりするけど、

失敗事例の場合、

「気をつけないと、みんな陥りがち」な失敗が多いので、
事例研究で言えば、はるかに得るものが多い。

資金繰りのミスとか、ね。

ただ、CSVの場合、
成功事例はもちろん、
失敗事例も、地域特有の事情がありそう。

広島の中小企業の成功事例は、
東京では役立たない可能性も高い。

逆に、広島の中小企業の失敗事例も、
東京でやれば成功するかもしれない。
個人的には、震災復興に関わるあらゆる事業の、
成功事例、失敗事例は、

CSVの成功事例、失敗事例研究にとって、
大きな資料になると考えています。

もっともわかりやすい例は、

東京もんが「こうすれば地域で消費が進みますよ!」
なんていっても、地元の生産者には響かない、とか。

そもそも、東京もんの消費中心の価値観と、
東北などの地元の生産−消費者的な価値観とは、
相容れないのではないか。

まして、国を超えれば、
価値観の相違は決定的。

「国を超える場合、
なおさら事例研究が必要ではないか」

それは間違いないですが、
国も、地方によって価値観が全然違う。
日本だってそうですよね?

「CSVの事例研究」って意味あるの?
もちろん、意味はあるんでしょうが、

事例研究で、往々にして目的にしている、

「こうすれば成功する(失敗する)」的な、
共通項を見いだすことは、
どれほど可能なのか?

その点では、個人的には、
多少懐疑的ではあります。



※この記事は、P-SONICのHP記事より転載しております。
http://www.psonic.org
posted by ccc_summit_hiroshima at 19:18| Comment(0) | 社会起業トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。