「ひろしま社会起業支援サミット2010」
を開催しました!

・日時:2010年6月27日(日)
・場所:広島経済大学 立町キャンパス
 (市電「立町」からすぐ)

・参加費:無料

 当日の様子等がわかる「事業報告書」はこちらから!
hiroshimasocialsummit2010_report.pdf

2014年09月24日

個々人の新しい生存戦略としての「みんなが社会起業家」論




「社会起業の担い手は誰なのか?」

社会起業の社会性のまとめにかえて、
考えてみたいと思います。

このテーマについて、
個人的には、以下の3つの切り口から、
考えてみたいと思います。

(1)現状、社会起業の担い手は3種類の人種しかいない
(2)「みんなが社会起業家」論・再考
(3)新たな社会起業の担い手について考える

今回からは、新たな社会起業の担い手について、
考えていくことにします。

とはいえ、「誰が」担い手になるべきかといえば、
「みんなが」なるべきだ、と考えます。

その点では、前回触れた、
「みんなが社会起業家」論とそう変わりはない。

今や、「お上が」「行政が」といった、
「そんなの、自分以外の誰かがやってくれ」
というのは、これからは難しいのではないか。

また、金持ち、暇人、意識高い系から、
1000万人に1人の「スーパー・アルピニスト」レベルの、
社会起業家が出てくるまで待つのか。

そして、「スーパー・アルピニスト」っていうか、
水戸黄門に基本丸投げ。

そして気にくわなかったら、叩き殺して、
次の水戸黄門が現れるのを待つ。

今後、それが本当に可能なのか?

実際のところ、これからも、
社会起業家っていうか、民間レベルの社会変革の中心にいるのは、
金持ち、暇人、意識高い系から生み出された成功者でしょう。
それは間違いない。

ただ、個々人レベルでも、
「みんなが社会起業家」とまでいかなくても、
社会に何かよいことをすることはできるはず。

で、これから考えていきたいのは、
「なぜ」、みんなが社会起業の担い手になるべきか
そういったテーマ。

「なぜみんなが社会起業の担い手になるべきかって?
そりゃ、市民の義務だからさ」

な〜んて、「道徳的なお題目」を唱えるつもりはありません。

そうではなく、それは、
今後の社会を生きていくための「生存戦略」になるのではないか。
そういったお話です。

カンのいい人はここで気づいたと思いますが、
以降のお話に使用するテキストは、

佐々木俊尚氏の『自分でつくるセーフティネット』です。





○従来とは真逆の生存戦略



この『自分でつくるセーフティネット』(以下、資料と記載)の結論は、
以下の4つです。

生存戦略として、見知らぬ他人を信頼すること。
生存戦略としての、多くの人との弱いつながり。
生存戦略としての、善い人。
生存戦略としての、自分の中途半端な立ち位置を知るということ。

これが、本書のシンプルな結論です。


と、資料に書かれている。

ここに書かれている「生存戦略」ってのは、
これからの社会における生存戦略。

これは、従来の日本社会での生存戦略とは、
180度真逆の生存戦略です。

だってそうでしょ?

従来の日本的生存戦略(?)では、

「人を見たら泥棒と思え」で、
家族や地域、会社の人との強いつながりをいかに維持するか。

そうではなかったでしょうか?

「善い人」「自分の中途半端な立ち位置」については、
ぱっと見分からないと思うので、以降解説します。

ちなみに、佐々木氏の提唱する4つの生存戦略は、
NPOやソーシャルビジネスの生存戦略として、
置き換えて考えることも、非常に有益です。

従来型のムラ型セーフティネットが崩壊中だから、
NPOやソーシャルビジネスという、
新たなセーフティネットをつくる必要があるわけで。



○インターネット「総透明社会」を土台にした生存戦略



今回は、佐々木氏の生存戦略について、
その土台となるインターネット社会についてふれます。

資料によれば、インターネット社会は、
「総透明社会」であるといいます。

インターネットの普及がこれからも進んで
総透明社会がもう後ろには戻らないものだとすれば、
わたしたちはこういう社会になってきたんだということを
敢然と受け入れるしかないんじゃないかと思いますよ


「総透明社会」とはなにか?

それは、自分やあらゆる他人の考え方、思想などが、
ネットを通してだだ漏れになってる社会です。

自分のいろんな情報をネットに提供してるんだから、
何かあったら過去のことが洗いざらいわかっちゃう。

かと言ってネットをやめて生きるわけにはいかない。


従来であれば、ネットなんかなくても、
地域や会社などのムラ社会(資料では「箱」とも記載)で、
生きていけましたが、

これからは、そうはいかない。

会社とか村みたいな『箱』はいま頼りにならなくなってきちゃってる。
黙々と仕事をしているだけだと、
誰にも認められないままリストラされちゃうかもしれないし、
会社が潰れちゃうかもしれない。


ちなみに、何かあったらネット上から、
自分の過去があらいざらいに。

だったら絶対にヘマを起こさないように生きて、
他人から詮索されないような人生を歩めばいい?

いやいや、そんな完璧な人生はいくらなんでも無理です。


総透明社会って、炎上におびえて暮らさないといけない、
単なるディストピアではないのか?
そうではないと、資料では記載します。

わたしはフェイスブックの本当の意味は、ふたつあると思っています。

第一は、人間関係を気軽に維持していくための道具
第二は、自分という人間の信頼を保証してくれる道具


フェイスブックを長く使えば使うほど、
毎日の日記やコメントや様々な写真、
友人関係がたくさんたまってくる。

そういう過去の蓄積が、
その人の本当の人間性を物語る
雄弁な証拠になってくれるってことなんですよ。


フェイスブックでなくても、
本名でブログやっていれば、そんなに変わらない。

要するに、肩書きじゃなくて、
中身そのもので勝負する時代になってきているんです。


従来の日本社会(現在でもそうですが)、
中身以上に、肩書きがセーフティネットですよね。

このことを示すのが、以下のダイヤモンドオンラインの記事。
http://diamond.jp/articles/-/59159?page=5

文化心理学と呼ばれる心理学の一分野の古典的な実験に、
「20ステートメントテスト」というものがある。

これは「私は」で始まる文章を
20個思いつくままに書いてもらうという、簡単なテストだ。

これを日本とアメリカの成人で行うと、
最初に書かれる典型的なものは、

アメリカ人ならたとえば
「私は社交的だ」「私は知的だ」といった
自己の資質なのに対し、

日本人なら、
「私は○○大学の学生だ」「私は部長だ」という、
自分の所属集団のものが多い。


これは、日本人が「自分が何者か」を考える際に、
内面や価値観ではなく、

現在の人間関係やその拠り所となる所属場所が
第一に来る傾向があることを示している。


ま、中身よりも、
肩書きが大事ってことですよ。

でも、総透明社会だと、
肩書きだけで中身がないと、信頼されない。

第一、肩書きの元になる「箱」が、
不安定になっているんだから。

フェイスブックなどを通して、
自分の中身をさらけ出して、
その結果、自分という人間の信頼を保証する。

それが、見知らぬ他人でも信頼できるための土台になり、
ひいては、多くの人との弱いつながりを持てるようになる。

次回は、弱いつながりについて、
みていくことにします。

最近は、この「弱いつながり」が、
何かと注目されている気がしますね。



※この記事は、P-SONICのHP記事より転載しております。
http://www.psonic.org
posted by ccc_summit_hiroshima at 13:23| Comment(0) | 社会起業トピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。